The 43rd TOKYO MOTOR SHOW 2013 イベントフォトレポート

2013年11月23日(土)、「第43回東京モーターショー2013」の一般公開がいよいよ始まりました。弊社は西展示棟1階の「西1ホール」に、ソニックデザインブース「ザ スウィート ラウンジ」を出展。ボッシュ、コンチネンタル、マーレというドイツの名門企業のブースに囲まれて、おなじみの黒い縦格子が目印の「ザ スウィート ラウンジ」は、ソニックデザインのスピーカーと同様にコンパクトながらもサイズを超えた存在感で皆様をお待ちしています。ブース受付では77mmウーファーユニットの「SD-N77N型」を象った原寸大コースターを配布しているほか、ご希望のお客様にはソニックデザインの設計思想が凝縮された小冊子の「コンセプトブック」や製品カタログも用意しておりますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください(数に限りがあります。品切れの際はご容赦ください)。

B80N/R、アウディ車専用スピーカーなど注目の新製品を展示

今回のソニックデザインブースでは、77mmスーパーバスモジュールの「B80N」「B80R」、そしてSonicPLUSのアウディ車専用スピーカーパッケージ6機種(A4専用の「SP-A48M」「SP-A48E」、A3専用の「SP-A33M」「SP-A33E」、A1専用の「SP-A11M」「SP-A11E」)の計8機種がワールドプレミア(世界初公開)されました。また、10月の発売以来「3時間で取り付けられるハイエンドスピーカー」として注目を浴びるSonicPLUS THE CRESTのプリウス専用モデル「3C-P30」も実物を展示。全長9mのショーケースいっぱいに新製品や人気製品が並べられています。いっぽうブース内部には、メルセデスとソニックデザインとのコラボレーションが生んだ純正オプショナルサウンドシステムの最高峰「E-Class Sound Suite」(新型)を搭載したE63AMG Sを展示。今回は展示のみで試聴デモは行っておりませんが、ご希望のお客様には後日試聴していただけるようメルセデス・ベンツ販売店をご紹介いたしますので、スタッフにお申し付けください。

モーターショー出展6回・10年の感謝を込めて

ところで、東京モーターショーに初めてソニックデザインブースが登場したのは2003年の第37回のこと。超弩級プロセッサーの「SK-1 Synergy」(現在のデジコアSK1)やエンクロージュア一体型スピーカー「SYSTEM77」などを展示した、現在よりずっと小さなスペースでした。あれから10年、当社はカーオーディオメーカーとして唯一、第37回から第43回までの東京モーターショーに連続で出展し(2004年の商用車・二輪車ショーを除く)、今回で6回目を迎えることができました。これもひとえにソニックデザインを愛し、支え続けてくださる皆様のおかげと感謝しております。特にリーマン・ショック後の第41回(2009年)には、カーオーディオメーカーのほとんどが出展を"自粛"するなか、弊社は敢えて前回の4倍にブース面積を拡大し、「ハイエンドと純正の融合」という新しいコンセプトを掲げた「CL Sound Suite Concept」を発表。それがメルセデスと弊社との共同開発による「Sound Suite」シリーズへと発展して現在に至っています。

厳しいときこそ、新しい何かに挑戦できるチャンスです。そして有り難いことに、その挑戦のいくつかが着実に答えを出しつつあります。今回発表できなかった新たなサプライズも、やがて皆様にお伝えできる日が来るでしょう。憧れの東京モーターショーに初めて出展できた10年前の気持ちを忘れることなく、私たちは次の10年へ向けてしっかり歩き続けていきたいと考えています。それでは今回も、ソニックデザインブース「ザ スウィート ラウンジ」でお会いしましょう。

(交通アクセスについての詳細はhttp://www.tokyo-motorshow.com/access/



Copyright© Sonic Design. All rights reserved. 黑ICP备14003726号